メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマ町物語

1/プロローグ

三好善蔵、30歳。リストラされ、心機一転、新しい暮らしを始めます

[PR]

これは、とても平凡な物語。
再開発から取り残されたような、懐かしさを感じる町並み。 一風変わった住人たちばかりが集まる「スマ町銀座商店街」だ。
僕の名前は三好善蔵。 リストラに遭い、彼女もいない。 正直、かなり残念な30歳だ。 心機一転、再就職先の会社があるこの町に引っ越してきた。
新しい仕事は、タウン情報誌「スマ町タイムズ」のライター兼営業。 町の人たちはみんな、なぜかものすごく情報通だ。 うっとうしい時もあるけれど、なんだか憎めない人ばかり。
最近のお気に入りは、喫茶「サクライ」。 マスターの文太さんの淹れるコーヒーと、看板娘の千鶴ちゃんとの会話が癒やしになっている。
ごくごく平凡な僕と、ちょっと気になる人と、親切でおせっかいな愛すべき人たち。 それが僕の町、「スマ町銀座商店街」。 近くにお越しの際は、ぜひ寄っていってください。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです