連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

正しい日本語って?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
正しい日本語って?の巻
正しい日本語って?の巻

おざなり? なおざり? 「正しい日本語」使えてますか?

文化庁が発表した2011年度国語世論調査の結果が残念です。
これは日本語に関する意識や理解の現状を調べるものです。
7割もの人がインターネットや電子メールの普及で、漢字を正確に書く力が衰えたと感じているのです。
誤用の多さが気になります。
正しい日本語を知ってほしいですね。

例えばどのような誤用があるのでしょうか。
文化庁が発表した2011年度国語世論調査の結果が残念です。 これは日本語に関する意識や理解の現状を調べるものです。 7割もの人がインターネットや電子メールの普及で、漢字を正確に書く力が衰えたと感じているのです。 誤用の多さが気になります。 正しい日本語を知ってほしいですね。 例えばどのような誤用があるのでしょうか。
今回の調査では「にやける」を「薄笑いを浮かべている」と回答した人が7割を超えましたが、「なよなよしている」が正解です。
鎌倉・室町時代に男色の対象となった若衆のことをニヤケと呼んだことに由来しています。

ニヤケなんて初めて聞きました。
「ニヤニヤする」で「にやける」の方が一般的です。

誤用は他にもあります。
例えば「やおら」という言葉です。
「やおら立ち上がる」などと使います。
「急に」という意味で使う人が多いようですが、本来は「ゆっくりと」をいう様子を表す言葉です。

問題です、どちらが正しいでしょうか。
A社長のような大役は私には役不足で務まらない。
B社長のような大役は私には力不足で務まらない。
今回の調査では「にやける」を「薄笑いを浮かべている」と回答した人が7割を超えましたが、「なよなよしている」が正解です。 鎌倉・室町時代に男色の対象となった若衆のことをニヤケと呼んだことに由来しています。 ニヤケなんて初めて聞きました。 「ニヤニヤする」で「にやける」の方が一般的です。 誤用は他にもあります。 例えば「やおら」という言葉です。 「やおら立ち上がる」などと使います。 「急に」という意味で使う人が多いようですが、本来は「ゆっくりと」をいう様子を表す言葉です。 問題です、どちらが正しいでしょうか。 A社長のような大役は私には役不足で務まらない。 B社長のような大役は私には力不足で務まらない。
正解は、Bです。
ベテランの役者が半端な役を振られたときなどに使うのが「役不足」です。
力量に対して役割が軽すぎる意味で「役・不足」なのです。
「荷が重すぎる」という意味で使うのは誤りで、そういう場合は「力不足」「力量不足」が正しいです。

しかし自分が正しい意味で使っても、相手が間違った意味で理解していたら意味ないです。
誤用とされていたものが後に容認されることもあります。
正解は、Bです。 ベテランの役者が半端な役を振られたときなどに使うのが「役不足」です。 力量に対して役割が軽すぎる意味で「役・不足」なのです。 「荷が重すぎる」という意味で使うのは誤りで、そういう場合は「力不足」「力量不足」が正しいです。 しかし自分が正しい意味で使っても、相手が間違った意味で理解していたら意味ないです。 誤用とされていたものが後に容認されることもあります。
例えば、「鳥肌が立つ」という言葉は、恐ろしさや寒さのために肌が鶏の皮のようにぶつぶつになる現象を指してきました。
ところが、最近は感動や興奮の場面でも用いられます。
2001年度の国語世論調査でも感動した際に「鳥肌」を使う人が4割を超えていました。
「興奮」や「感動」を、鳥肌が立つ原因に加える辞書も出てきています。
もはや誤用の段階を超えた「新しい表現」というわけです。

言葉は生き物で、時代による変化を受け入れるべきだと、ギョロ星人は主張しています。
そんなの本来の意味をないがしろにしていい理由にはならないと、ケビンは主張しています。
例えば、「鳥肌が立つ」という言葉は、恐ろしさや寒さのために肌が鶏の皮のようにぶつぶつになる現象を指してきました。 ところが、最近は感動や興奮の場面でも用いられます。 2001年度の国語世論調査でも感動した際に「鳥肌」を使う人が4割を超えていました。 「興奮」や「感動」を、鳥肌が立つ原因に加える辞書も出てきています。 もはや誤用の段階を超えた「新しい表現」というわけです。 言葉は生き物で、時代による変化を受け入れるべきだと、ギョロ星人は主張しています。 そんなの本来の意味をないがしろにしていい理由にはならないと、ケビンは主張しています。

あわせて読みたい

注目の特集