メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンタクロースって本当は…の巻

なぜ赤い服? 実は北欧の人じゃない?! 彼を巡る意外な真実

[PR]

サンタクロースの服はなぜ赤なのでしょうか。 それはコカコーラ社の宣伝からきています。 1931年12月、ハッドン・サンドブロム氏の絵、米科学誌「ナショナル・ジオ・グラフィック」の裏表紙が初出です。
しかし、最初に赤い服のサンタの絵を描いたのは19世紀の米国の画家、トーマス・ナトスだといわれています。 発祥は「サンタ」とはすなわち聖人(セント)ニコラウス、3~4世紀に現在のトルコに実在したキリスト教の司教で、貧しい人であれば異教徒であっても金品を施したと伝えられています。 サンタがトナカイを連れているイメージも米国版サンタからきています。 なぜクリスマスが12月25日なのでしょうか。キリストの誕生日だからといわれていますが…
実はキリストの誕生日はわかっていません。 12月25日はほぼ「冬至」に当たり、古くから太陽神を祭る日でした。 またキリスト教ではイエス・キリストを「光」とみなすのでこれらが融合し、キリスト教がローマ帝国の国教になった4世紀前半、キリストの降誕を祝う日になったといわれています。 またクリスマスイブの12月24日、なぜ「前夜」から祝うのでしょう。 それはイエスが生きた時代のユダヤの暦では日付の変わり目が「午前0時」ではなく「日没」だったので24日の夜は「クリスマス当日の夜」ということになります。
実はサンタ同士が集まって会議する「世界サンタクロース会議」というものがあります。 「サンタとはどうあるべきか」などを話し合います。 カゲマルさんが今年のクリスマス会でサンタ役に抜擢されたため、体型を近づけようと張り切っています。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]