メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

2013年の宇宙の巻

今年は大きな彗星が見られるかも!今年の天体イベントをチェック!

[PR]

善蔵さんとののかちゃんがオリオン座を眺めています。 オリオン座の3つの星の左下にある白くて明るい星がおおいぬ座のシリウスです。その左上の明るい星がこいぬ座のプロキオンです。 ペテルギウス、シリウス、プロキオンをつなぐと冬の大三角形になります。
今年は二大彗星のバンスターズが3月から4月に、アイソンが11月から12月に見られます。 バンスターズ彗星はハワイ大の全天観測プロジェクト「バンスターズチーム」が発見しました。日本での観測チャンスは4月頃です。 一方アイソン彗星が太陽のすぐそばを通り、彗星の直径が約3キロもあるので満月よりも明るく見えるかもしれません。 でもアイソン彗星が太陽に近すぎて蒸発する可能性もあります。
アイソン彗星が見られるかはまだわかりません。地上がだめなら宇宙にいけば見られるとののかちゃんが言っています。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した「イカロス」は太陽光で」飛ぶ宇宙ヨットです。 エンジンも燃料も不要なので実用化できれば「夢の宇宙船」になると期待されています。
10年5月に鹿児島のJAXA種子島宇宙センターから打ち上げられ11年1月にその役目を終えました。世界初の太陽光飛行宇宙ヨットとしてギネス認定されています。 特徴は14メートル四方の樹脂製の帆です。 髪の毛の10分の1の薄さですが放射線の強い宇宙空間でも10年以上耐えられます。 太陽光のわずかな圧力を受けて進みます。 イカロスの技術を応用すればいつか宇宙から天体観測が可能になるかもしれません。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです