メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

「進撃の巨人」って?の巻

大きい壁を越えてやってくる巨人…異色の人気漫画「進撃の巨人」って?

[PR]

善蔵さんがヤギブックスへやってきました。話題のあの漫画を探しているようです。 たしか「新喜劇の阪神」というタイトル… 随分関西ぽいタイトルですね…八木くんが、これではないかと持ってきたのは「進撃の巨人」です。 善蔵さんが探していたのは「進撃の巨人」だったようですね。 すごく面白いのだと話す善蔵さん。でも全然読んではいないようです…。
「進撃の巨人」は2009年から別冊少年マガジン(講談社)で連載されている人気漫画です。 身長約50メートルもの巨人を相手に人類が戦いを挑む話です。 謎の巨人との戦いというのが、斬新な設定で引き込まれますね。 先の読めない展開が話題になり、コミックスの累計発行部数も1000万部を突破しました。 2013年春には毎日放送でテレビアニメ化されるのです。 監督は「DEATH NOTE」の荒木哲郎さんです。
どんなところが人気なのでしょうか。 人類は壁を築き、巨人に食われるのを防いでいるのですが、壁より大きな巨人が現れたりと、驚愕の展開になっていきます。 作者の諫山創さんは、この作品でデビューした新人で、口コミで広がり雑誌やテレビ番組で取り上げられたことでブームになったようです。 2014年には実写版映画も公開予定ですが、監督が降板したりと状況は流動的です。 それにしても、こんな巨人がホントに襲ってきたら怖いですよね。 ん!でも…
千鶴ちゃんが巨人だったら結構いいかも!?と、手のりや肩のり、おひるねなど想像し始めた善蔵さん。 さらにこんなことや…あんなことまで… でもそんなことをしていたら、文太さんが「ウチの娘に何しやがんだ~~っ」とすごい剣幕で怒りそう…。 憤激の巨人も怖いと、ずっと変な想像ばかりしている善蔵さんに八木くんも少し困っていますね…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです