メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田老地区 母と子

高台に新居 家族を包む、ぬくもり

2人暮らしを始めて、一慶君(右)はヒデさんと話す機会が増えた=岩手県宮古市で

これまで

 岩手県宮古市田老地区の消防団員、山本幸雄さんは東日本大震災で水門を閉めようとして津波にのまれた。震災から4カ月後、行方が分からないまま妻のヒデさんは幸雄さんの死亡届を出した。田老の家は津波で壊され、家族は市街のアパートを借りて暮らしてきた。長女の永都さんは山梨にある大学の看護学科に進学。看護師のヒデさんと同じ道を歩み始めた。

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです