連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

奨学金が返せない?の巻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
奨学金が返せない?の巻
奨学金が返せない?の巻

学生生活のツケが卒業後の苦しみに?! 日本の教育費の問題点

火達磨くんは考えごとをしていたらマキちゃんにぶつかってしまいました。
最近奨学金を返済できないケースが増えているらしく、火達磨くんも不安になっているそうです。
勅使河原くんが説明をしてくれます。
火達磨くんは考えごとをしていたらマキちゃんにぶつかってしまいました。 最近奨学金を返済できないケースが増えているらしく、火達磨くんも不安になっているそうです。 勅使河原くんが説明をしてくれます。
日本学生支援機構の奨学金は2種類あります。
第1種は無利息で、第2種は利息付きです。
返済が遅れると元金に対して年10%の延滞金が課せられます。
延滞する人も額も増えているのです。

返済を待ってもらえないのでしょうか。
年収300万円以下なら最長で5年まで猶予してもらえますが、延滞金があると申請できません。

海外では、返さなくてもいい給付金が中心です。
日本学生支援機構の奨学金は2種類あります。 第1種は無利息で、第2種は利息付きです。 返済が遅れると元金に対して年10%の延滞金が課せられます。 延滞する人も額も増えているのです。 返済を待ってもらえないのでしょうか。 年収300万円以下なら最長で5年まで猶予してもらえますが、延滞金があると申請できません。 海外では、返さなくてもいい給付金が中心です。
OECD(経済協力開発機構)諸国の中で日本は教育分野への公財政支出割合が最も低い国の一つです。
全教育段階は3・6パーセントです。
高校や大学に通えるお金がある人だけ行けということなのでしょうか。

しかし何よりも問題なのは、不況にも関わらず高等教育の学費が上がっていることです。
高校入学から大学卒業までにかかる学費の平均は1031万円です。
世帯収入の平均は557.8万円なので、かなり厳しい状況です。
なのでレジャー費などを節約するしかないのです。
どうしたらいいのか、火達磨くんもマキちゃんも不安になってきたようです。
OECD(経済協力開発機構)諸国の中で日本は教育分野への公財政支出割合が最も低い国の一つです。 全教育段階は3・6パーセントです。 高校や大学に通えるお金がある人だけ行けということなのでしょうか。 しかし何よりも問題なのは、不況にも関わらず高等教育の学費が上がっていることです。 高校入学から大学卒業までにかかる学費の平均は1031万円です。 世帯収入の平均は557.8万円なので、かなり厳しい状況です。 なのでレジャー費などを節約するしかないのです。 どうしたらいいのか、火達磨くんもマキちゃんも不安になってきたようです。
この状態を何とかしようと政府も動いています。
文部科学省(下村博文文科相)は高校生向けの「給付型奨学金」を新設し、低所得世帯を対象に2014年度の導入を目指しています。
将来的には家庭への教育費の負担を軽減していくそうなので、希望を捨てずに勉強しましょう。

勅使河原くんも奨学金を使うつもりで、第1種奨学金を目指したいそうです。
しかし、世界中の一流大学から無料で来てくれというオファーが殺到しているそうです。
今までの話は勅使河原くんには全然関係なかったようですね。
この状態を何とかしようと政府も動いています。 文部科学省(下村博文文科相)は高校生向けの「給付型奨学金」を新設し、低所得世帯を対象に2014年度の導入を目指しています。 将来的には家庭への教育費の負担を軽減していくそうなので、希望を捨てずに勉強しましょう。 勅使河原くんも奨学金を使うつもりで、第1種奨学金を目指したいそうです。 しかし、世界中の一流大学から無料で来てくれというオファーが殺到しているそうです。 今までの話は勅使河原くんには全然関係なかったようですね。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集