連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

外れ馬券も経費?の巻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
外れ馬券も経費?の巻
外れ馬券も経費?の巻

29億円買って30億円もうけ 無申告で5億円以上課税?! 

競馬でもうけた元会社員の男性が多額の追徴課税を受けた、所得税法違反の裁判がありました。
3年で差し引き1億4000万円をもうけましたが、申告しておらず大阪国税局から脱税と指摘されました。
競馬でもうけた元会社員の男性が多額の追徴課税を受けた、所得税法違反の裁判がありました。 3年で差し引き1億4000万円をもうけましたが、申告しておらず大阪国税局から脱税と指摘されました。
その額が約5億7000万円です。
この元会社員は市販の「競馬予想ソフト」を改良し独自のシステムを構築、インターネットでほぼ全レースの馬券を自動的に買っていました。
07から09年に計約28億7000万円の馬券を買い、計約30億1000万円の払戻金を受け取りました。
そして差し引き1億4000万円の黒字でした。
しかし国税当局は元会社員の3年間の所得を約29億円としました。というのも経費として認められたのは当たり馬券の購入費だけとしました。
その額が約5億7000万円です。 この元会社員は市販の「競馬予想ソフト」を改良し独自のシステムを構築、インターネットでほぼ全レースの馬券を自動的に買っていました。 07から09年に計約28億7000万円の馬券を買い、計約30億1000万円の払戻金を受け取りました。 そして差し引き1億4000万円の黒字でした。 しかし国税当局は元会社員の3年間の所得を約29億円としました。というのも経費として認められたのは当たり馬券の購入費だけとしました。
外れ馬券は経費と認めず、競馬の所得を「一時所得」としました。
「一時所得」は仕事の報酬を除き臨時に受ける収入で、国税庁は競馬などの公営ギャンブルの払戻金もこれに含めています。
しかし元会社員は「一時所得」ではなく「雑所得」だと主張し、真っ向から反対しました。
大阪地裁の判決は元会社員の馬券購入は娯楽ではなく資産運用と認定しました。
外れ馬券は経費と認めず、競馬の所得を「一時所得」としました。 「一時所得」は仕事の報酬を除き臨時に受ける収入で、国税庁は競馬などの公営ギャンブルの払戻金もこれに含めています。 しかし元会社員は「一時所得」ではなく「雑所得」だと主張し、真っ向から反対しました。 大阪地裁の判決は元会社員の馬券購入は娯楽ではなく資産運用と認定しました。
雑所得とはFXや先物取引の利益、作家以外の人が受け取る原稿料などです。
元会社員の場合は特殊な買い方だったので雑所得と認められましたが、通常が一時所得ですし、無申告という点では有罪判決を受けました。
サラリーマンの場合は給与以外に年20万円以上の所得があると確定申告が必要です。
雑所得とはFXや先物取引の利益、作家以外の人が受け取る原稿料などです。 元会社員の場合は特殊な買い方だったので雑所得と認められましたが、通常が一時所得ですし、無申告という点では有罪判決を受けました。 サラリーマンの場合は給与以外に年20万円以上の所得があると確定申告が必要です。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集