連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

たまねぎ氷で血液サラサラの巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
たまねぎ氷で血液サラサラの巻
たまねぎ氷で血液サラサラの巻

夏バテ解消、病気予防に レトルトカレーに入れるだけ! 

夏バテに効くお手軽メニューはたまねぎ氷でまるっと解決です。
夏バテに効くお手軽メニューはたまねぎ氷でまるっと解決です。
用意する物は製氷皿2~3枚分とタマネギ1キロ(4~5個)。
タマネギは皮をむいて芯をくり抜き、ポリ袋に入れて電子レンジへ。
600ワットで20分加熱しますが、この時、袋の口を閉じると破裂するので注意しましょう。
加熱後、ミキサーに入れ、袋にたまった水分と200ccの水を加えます。
あとはとろとろになるまで混ぜ、製氷皿に注いで凍らせるだけ。
できあがったたまねぎ氷はカップ麺やレトルトカレーに入れるだけでもよし、ハンバーグやギョーザの種に混ぜるのもよし。
たまねぎ氷は料理研究家の村上祥子さんが提案しました。
キューブ2個で1日に必要なタマネギ約50グラムを摂取することができます。
用意する物は製氷皿2~3枚分とタマネギ1キロ(4~5個)。 タマネギは皮をむいて芯をくり抜き、ポリ袋に入れて電子レンジへ。 600ワットで20分加熱しますが、この時、袋の口を閉じると破裂するので注意しましょう。 加熱後、ミキサーに入れ、袋にたまった水分と200ccの水を加えます。 あとはとろとろになるまで混ぜ、製氷皿に注いで凍らせるだけ。 できあがったたまねぎ氷はカップ麺やレトルトカレーに入れるだけでもよし、ハンバーグやギョーザの種に混ぜるのもよし。 たまねぎ氷は料理研究家の村上祥子さんが提案しました。 キューブ2個で1日に必要なタマネギ約50グラムを摂取することができます。
血液をサラサラにし、免疫力を高める刺激成分(硫化アリル)、肌荒れや老化を防止するポリフェノール、腸の働きをよくする甘み成分(オリゴ糖)、抗酸化作用があり、免疫機能を高めるミネラル分、がん細胞生成や血糖値の上昇を抑制するフラボノイドなど、タマネギには体にいい成分がてんこ盛り。
これらの成分が相乗効果を発揮して、血糖値や血圧を下げ、生活習慣病の予防や改善にいいとされているほか、タマネギスープやみそ汁、スパゲティなどの下ごしらえの手間も省けます。
血液をサラサラにし、免疫力を高める刺激成分(硫化アリル)、肌荒れや老化を防止するポリフェノール、腸の働きをよくする甘み成分(オリゴ糖)、抗酸化作用があり、免疫機能を高めるミネラル分、がん細胞生成や血糖値の上昇を抑制するフラボノイドなど、タマネギには体にいい成分がてんこ盛り。 これらの成分が相乗効果を発揮して、血糖値や血圧を下げ、生活習慣病の予防や改善にいいとされているほか、タマネギスープやみそ汁、スパゲティなどの下ごしらえの手間も省けます。
タマネギの皮やキノコの根元、セロリの茎、トマトのへた、パセリの軸、ゴーヤーの種とわたなどの部分は活性酸素の増加を防ぎ、免疫力を高める「ファイトケミカル」が豊富。
まとめて煮込んでざるでこせば、野菜のだし「ベジブロス」の完成。
みそ汁やスープ、炊き込みご飯などに使えます。
タマネギの皮やキノコの根元、セロリの茎、トマトのへた、パセリの軸、ゴーヤーの種とわたなどの部分は活性酸素の増加を防ぎ、免疫力を高める「ファイトケミカル」が豊富。 まとめて煮込んでざるでこせば、野菜のだし「ベジブロス」の完成。 みそ汁やスープ、炊き込みご飯などに使えます。

あわせて読みたい

注目の特集