連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

季節の変わり目に注意の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
季節の変わり目に注意の巻
季節の変わり目に注意の巻

低気圧が来る前に体調が悪くなるのはなぜ? 健康と天候の関係 

季節の変わり目は体調が悪くなってしまう……。
そんな人も多いのではないでしょうか。
それは自律神経の働きが悪くなっているからかもしれません。
季節の変わり目は体調が悪くなってしまう……。 そんな人も多いのではないでしょうか。 それは自律神経の働きが悪くなっているからかもしれません。
自律神経は交感神経と副交感神経の2種類。
血液の流れや呼吸、代謝などを調節し、体温や血圧などを一定に保つ機能を司ります。
自律神経は急激な変化への対応が苦手で、歓談の激しい季節の変わり目は働きが悪くなることも。
むくみや偏頭痛、肩こりなどの症状が出る人もいます。
自律神経は交感神経と副交感神経の2種類。 血液の流れや呼吸、代謝などを調節し、体温や血圧などを一定に保つ機能を司ります。 自律神経は急激な変化への対応が苦手で、歓談の激しい季節の変わり目は働きが悪くなることも。 むくみや偏頭痛、肩こりなどの症状が出る人もいます。
低気圧が近づくと副交感神経が活発になって、気管支が縮んでせきが出たり、集中力が落ちたり、気分が落ち込んだり。
このような症状を「気象病」と言います。
ちなみに、気象庁の3カ月予報によると、13年の冬は平年に比べて寒くなるんだとか。
低気圧が近づくと副交感神経が活発になって、気管支が縮んでせきが出たり、集中力が落ちたり、気分が落ち込んだり。 このような症状を「気象病」と言います。 ちなみに、気象庁の3カ月予報によると、13年の冬は平年に比べて寒くなるんだとか。
自律神経のバランスを整えるには腸内環境を良くするといいです。
老廃物がたまっていると悪い血液が全身を巡ってしまうため、朝1杯の水を飲んで、規則正しく食べましょう。
適度な運動や睡眠、38~39度のお風呂に30分くらいつかったり、湯たんぽで血の巡りを良くしたりする方法もオススメです。
足のむくみが気になる人はふくらはぎの内側、内くるぶしからひざの間5分の2の位置にある「築賓」というツボを押しましょう。
自律神経のバランスを整えるには腸内環境を良くするといいです。 老廃物がたまっていると悪い血液が全身を巡ってしまうため、朝1杯の水を飲んで、規則正しく食べましょう。 適度な運動や睡眠、38~39度のお風呂に30分くらいつかったり、湯たんぽで血の巡りを良くしたりする方法もオススメです。 足のむくみが気になる人はふくらはぎの内側、内くるぶしからひざの間5分の2の位置にある「築賓」というツボを押しましょう。

あわせて読みたい

注目の特集