連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

米国が破産!?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米国が破産!?の巻
米国が破産!?の巻

「ねじれ国会」が世界を大混乱に陥れる!? オバマケアとは 

アメリカ合衆国は10月からの新年度予算が成立せず、政府支出が止まり、連邦政府の運営する施設や機関が一斉に閉鎖。
NASA(航空宇宙局)など研究機関の職員も自宅待機を命じられました。
アメリカ合衆国は10月からの新年度予算が成立せず、政府支出が止まり、連邦政府の運営する施設や機関が一斉に閉鎖。 NASA(航空宇宙局)など研究機関の職員も自宅待機を命じられました。
グランドキャニオン国立公園や自由の女神、ロッキー山脈国立公園、ラシュモア山国立公園なども閉鎖され、観光客はもとより、運営費を肩代わりして再開させた州政府にも迷惑をかける結果に。
原因となったのはオバマ大統領肝煎りの医療保険改革、通称「オバマケア」です。
米国は医療費や保険料が高すぎるため、国民の6人に1人は医療保険に未加入。
それゆえ、安い料金でみんなが医療保険に入れるようにしよう、という改革です。
グランドキャニオン国立公園や自由の女神、ロッキー山脈国立公園、ラシュモア山国立公園なども閉鎖され、観光客はもとより、運営費を肩代わりして再開させた州政府にも迷惑をかける結果に。 原因となったのはオバマ大統領肝煎りの医療保険改革、通称「オバマケア」です。 米国は医療費や保険料が高すぎるため、国民の6人に1人は医療保険に未加入。 それゆえ、安い料金でみんなが医療保険に入れるようにしよう、という改革です。
しかし、下院で多数を占める共和党が反対。
なかでも、ティーパーティー(茶会)系議員は猛反対していました。
ティーパーティー(茶会)系議員とは保守強硬派のことで、社会保障や企業への公的資金注入などの「大きな政府」を毛嫌いする人々。
連邦政府は借金できる額に上限をつけて赤字が膨れあがるのを予防していますが、オバマケアを実行するならば連邦債務上限は引き上げないぞ、と平行線です。
実は債務残高はすでに5月に上限に達しており、10月17日までに引き上げを議会が認めなければ、連邦政府はデフォルト、つまり債務不履行に陥るところでした。
世界中に出回っている米国債が紙切れになってしまうということです。
しかし、下院で多数を占める共和党が反対。 なかでも、ティーパーティー(茶会)系議員は猛反対していました。 ティーパーティー(茶会)系議員とは保守強硬派のことで、社会保障や企業への公的資金注入などの「大きな政府」を毛嫌いする人々。 連邦政府は借金できる額に上限をつけて赤字が膨れあがるのを予防していますが、オバマケアを実行するならば連邦債務上限は引き上げないぞ、と平行線です。 実は債務残高はすでに5月に上限に達しており、10月17日までに引き上げを議会が認めなければ、連邦政府はデフォルト、つまり債務不履行に陥るところでした。 世界中に出回っている米国債が紙切れになってしまうということです。
最悪の場合、世界経済までも停滞してしまう事態に。
土壇場で14年1月15日までの暫定予算と2月7日までの上限凍結を認めましたが、同じ騒ぎはまた起きることでしょう。
最悪の場合、世界経済までも停滞してしまう事態に。 土壇場で14年1月15日までの暫定予算と2月7日までの上限凍結を認めましたが、同じ騒ぎはまた起きることでしょう。

あわせて読みたい

注目の特集