メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
漫画で解説

オネエの時代!?の巻

マツコに愛にミッツ…テレビに引っ張りだこ 人気の背景って? 

[PR]

今やオネエの人をテレビで見ない日はありません。 尾木直樹さんやドラマ『半沢直樹』で好演した片岡愛之助さんなど、オネエキャラの人も絶好調。 オネエ、という呼び方は歌舞伎からきているという説があります。 主役級ではない女形さんをオネエさんと言っていたんだとか。
オネエの人だとずばずば言われても素直に聞けてしまう、という人が多いこともテレビに引っ張りだこな理由の1つかもしれません。 しかし、昔は日陰の存在。 伝説のゲイバー「吉野」のママ・吉野寿雄さんは戦中を振り返り、「木の銃で突撃訓練をさせられて、「男らしくしろ」とビンタされた」と話しました。 では、オネエの定義とはなんなのでしょうか。
実は明確な定義はありません。 はるな愛さんは女性の体になる手術を受けましたが、マツコ・デラックスさんは「性同一性障害じゃないから手術は受けない」そう。 ミッツ・マングローブさんも含め、「同性愛者」という点が注目されがちです。 性のあり方はとっても多様。 レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどの性的少数者は頭文字をとって「LGBT」とも。
好きなように生きているオネエの人たちの姿が支持されているのかもしれませんね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. JOC 理事会を非公開に 「議論活性化のため」 「時代に逆行」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです