メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

軍艦島ってどんな島?の巻

日本の産業革命の遺産 世界文化遺産登録を目指すあの島の歴史 

[PR]

八木さんは今度軍艦島に行こうと思っているようですね。 軍艦島は一体どこにあるのでしょうか。 長崎港の南西約19キロ、周囲1.2キロの無人島です。 元は草木のない岩みたいな島ですが、埋め立てられて3倍に大きくなりました。 製鉄用の石炭を採っていました。
1916年には従業員用の鉄筋アパートが建てられ、最盛期の60年代は5200人以上がいました。 しかし石油のおかげで石炭の需要はなくなり74年に閉鎖しました。 ずっと上陸禁止でしたが、長崎市が観光資源にしようと2009年から一部を見学できるようにしました。 島影が軍艦「土佐」に似ているので、正式名称は「端島(はしま)」です。 廃墟ブームに火がつき、見学ツアーは大人気です。 CDジャケット写真やドラマ、映画、小説の舞台になりました。
日本政府は「明治日本の産業革命遺産」として推薦をしました。 2015年の世界文化遺産への登録を目指します。 しかし、老朽化する建物の保存が課題です。 まずは国の文化財として指定される必要があります。 一般的には現在の状態の維持が求められます。 しかし閉山から約40年、床が崩れ落ちたり海水で浸食されたりしてこのままでは朽ち果てる危険性もあります。 長崎市が検討する保存方法は4つあります。 1つ目は約144億円かけて、延命可能な施設の外観維持、失われた施設を復元します。 2つ目は約137億円かけて、延命可能な施設の外観維持を行います。 3つめは代表的な施設の外観維持を行います。 4つ目は自然劣化を許容します。 3つ目の案が基本ですが、島全体のシルエットも維持してほしいですね。
善蔵さんも壊れてしまう前に見に行きたいようです。 いくらするのでしょうか。 長崎港からなら大人4300円のコースがあります。 他にも世界遺産に推薦されるスポットは、九州5県と岩手、山口、静岡の計28件から構成されています。 旧三井三池炭鉱(福岡県大牟田市ほか)、旧グラバー住宅(長崎市)、三重津海軍所跡(佐賀市)などです。 善蔵さんには全部回る予算はないようです。 善蔵さんはグーグルの「ストリートビュー」でいいですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです