メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

プライベートブランドって?の巻

88円の食パン、98円の100%ジュース PB商品が安い理由 

[PR]

最近、よく耳にするPB商品という言葉。 PBとは「プライベートブランド」のことです。 小売業者が独自に企画・開発した商品のことで、イオンの「トップバリュ」やセブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」などが有名ですね。 売上高は両社ともに4000億円以上。
では、普通の商品とどう違うのでしょうか。 メーカーの自社商品をナショナルブランド(NB)といいます。 小売業者はメーカーに生産を依頼し、卸を通さずに買い取ります。 NBに比べて広告費もかからず、そのため、安く販売することが可能。 消費者にとっては嬉しいものですし、メーカーにとっても工場の稼働率を上げることができます。 しかし、いいことばかりではありません。 メーカー側は社外秘の材料や製造コストを小売りに知られてしまうだけでなく、NBと比べると利益率が下がります。 また、値下げ圧力をかけられる恐れも。
品質管理がおろそかになる可能性もあり、消費者も注意する必要があります。 PB商品は安いイメージが強いですが、高価格帯のものも。 例えば「セプンゴールド」。 「金のハンバーグステーキ」など9月末現在で28品目あり、13年度末までに50品目に増やすのだとか。
生クリームや蜂蜜を使った「金の食パン」は1斥6枚で250円。 発売4カ月で1500万個を販売する大ヒットとなりました。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです