メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

プレゼンできる?の巻

ビジネスや就活に不可欠なプレゼンテーション…あなたは出来る? 

[PR]

9月に東京五輪の招致団が国際オリンピック委員会(IOC)総会で講演し、見事、招致を実現しました。 このように、人々の共感を引き出すのが「プレゼンテーション」です。 英ケンブリッジ大卒の高円宮妃久子さまは完璧な英語とフランス語で話され、パラリンピック陸上の佐藤真海選手はIOC委員の心を揺さぶりました。 表情豊かなプレゼンは言葉以上のことを伝えることができるのです。
プレゼントいえば、アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が有名。 もともとは企業が商品を売り込むためのものでしたが、最近では「言葉で人を動かすこと」全般を指して使います。 米国の心理学者アルバート・メラビアン氏が1970年代に発表した説によると、言葉よりも話し方や表情の方が相手に情報を伝えやすいんだとか。 プレゼンが上手くなりたい人におすすめなのは「TED」。 米国の非営利団体で「良いアイデアを広めよう」の理念の下選ばれた人が18分以内でプレゼンします。 動画は無料配信され、2012年は10億回以上再生されました。 登場したプレゼンターにはクリントン元米大統領やビル・ゲイツ氏、U2のボーカルのボノなどがいます。
日本ではNHKEテレの「スーパープレゼンテーション」(月曜深夜放送)で見ることができます。 TEDの影響力は大きく、例えば、12年3月、人権派弁護士のブライアン・スティーブンソン氏が米国の司法制度の問題点をプレゼンしたところ、わずか数分間で1億円以上の寄付を集めました。 TEDは日本でも活動。 東京や大阪、札幌、京都、福岡などに「TED x(テデックス)」というコミュニティーがあり、TEDの認めたグループがプレゼン力を競うイベントを開いています。 13年11月には東京・千代田区で「TED xKids@Chiyoda」が開かれ、ある高校生はふんどし姿で荷物を届ける「現代の飛脚」を始めた経験を語りました。
プレゼンの極意には現行を見ないこと、ストーリー性、熱意を見せることなどいろいろありますが、「大事なのは一つのことだけを言う」「体験談で裏打ちする」「最後に希望を与える」の三つ。 それから、プレゼン上手な人は笑いを取るのも上手です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです