メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

危険すぎるUFOキャッチャー!?の巻

福島第1原発の核燃料取り出し開始 どんな作業をするの? 

[PR]

福島第一原発で核燃料の取り出しが始まりました。 UFOキャッチャーにみえるようです。 そもそも核燃料とはどのようなものなのでしょうか。
大量のエネルギーを出すウラン化合物を焼き固めたペレットが主成分です。 ペレットを燃料棒に詰めて束ねたものが燃料集合体です。 廃炉作業完了には30から40年かかると言われています。 廃炉行程は全部で3期に分かれています。
4号機での作業内容では、地震が最も懸念されています。 作業中に揺れでキャスクと呼ばれる輸送容器が落下し壊れたら、放射性物質が外部に出る恐れがあります。 水素爆発の影響で、プールにはがれきが大量に入っています。
がれきに引っかかって燃料が壊れる恐れもあります。 水中で砂が舞って見にくいです。 作業員はマスクと防護服を付けて繊細な作業をしなければなりません。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです