メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

借用書の正しい書き方の巻

生活費!? 親切な人から5000万円借りたらどうしたらいい? 

[PR]

11月26日、猪瀬直樹都知事が借用書を公開しました。 都知事選直前に徳州会から現金5000万円を受け取っていたのです。 収支報告書に記載はなく、選挙で使うためではなく個人の借り入れだったと主張しています。 資金提供隠蔽の疑惑が浮上しました。
徳州会とは国内最大の医療グループです。 前理事長の徳田虎雄氏は弟の病死をきっかけに医者を志しました。 日本医師会と病院乱立をめぐり対立し、理想の医療実現のため政治家となりました。 政界引退後は次男が後を継ぎましたが、2013年に自民党を離れました。
石原慎太郎氏が猪瀬氏と徳田氏をつなぎました。 石原氏はこれを否定しています。 猪瀬氏が公開した借用書には足りないものがありました。
収入印紙を貼っていなかったのです。 借りる金額に応じて印紙税を納めるために、5000万円には2万円分の収入印紙が必要です。 元金の金額、利息、返済日、返済方法、遅延損害金、不払いの場合の取り決めを普通は記載します。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです