メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

太陽の誕生日!の巻

12月22日は「冬至」 クリスマスの起源も実はこの日でした 

[PR]

冬至とは1年で昼が1番短い日のことです。
冬至を境に日が長くなるので「太陽復活の日」として1年で最も大切な日として考えられていました。 クリスマスも太陽の復活を祝う古代からの祭りが基になっています。 なぜ冬至にカボチャを食べ、ゆず湯に入るのでしょうか。
カボチャやユズは形や色から太陽の象徴と言われています。 ユズをお風呂に入れるのは冬至と音が同じ湯治にかけた風習です。 入浴には様々な効果があります。
またお湯の温度や入る時間によって効果が違います。 どれも冬を元気に乗り切る知恵といえそうです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです