メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

太陽の誕生日!の巻

12月22日は「冬至」 クリスマスの起源も実はこの日でした 

[PR]

冬至とは1年で昼が1番短い日のことです。
冬至を境に日が長くなるので「太陽復活の日」として1年で最も大切な日として考えられていました。 クリスマスも太陽の復活を祝う古代からの祭りが基になっています。 なぜ冬至にカボチャを食べ、ゆず湯に入るのでしょうか。
カボチャやユズは形や色から太陽の象徴と言われています。 ユズをお風呂に入れるのは冬至と音が同じ湯治にかけた風習です。 入浴には様々な効果があります。
またお湯の温度や入る時間によって効果が違います。 どれも冬を元気に乗り切る知恵といえそうです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです