メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

世界のクリスマスケーキの巻

ショートケーキは日本だけ! 欧州各国では何を食べる?

[PR]

クリスマスは生クリームとイチゴのショートケーキが定番ですね。 しかし、クリスマスにショートケーキを食べるのは日本だけなんです。 欧米のケーキをまねしたわけではないんですね。
クリスマスをケーキやごちそうで祝うのはキリスト教の伝統ですが、欧米ではドライフルーツを混ぜ発酵や熟成をさせて作るケーキが多いです。 英国のクリスマスプディングやイタリアのドーム型の発酵パン「パネトーネ」、ドイツの「シュトーレン」などがあります。
フランスの「ブッシュ・ド・ノエル」は軟らかいタイプのケーキです。 日本人による初のクリスマスパーティーは1874年だそうです。 1950年代に入り食料不足が解消するとケーキ製造が盛んになります。クリスマスが一般化したのもこの頃です。
60年代以降、冷蔵庫が家庭に普及すると現在のショートケーキが主流になりました。 赤と白でおめでたく、ふんわりしたスポンジとクリームの組み合わせが日本人好みだったのですね。 最近では、キャラ食ブームでケーキもキャラクターのものが人気です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです