連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

世界のクリスマスケーキの巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界のクリスマスケーキの巻
世界のクリスマスケーキの巻

ショートケーキは日本だけ! 欧州各国では何を食べる?

クリスマスは生クリームとイチゴのショートケーキが定番ですね。
しかし、クリスマスにショートケーキを食べるのは日本だけなんです。
欧米のケーキをまねしたわけではないんですね。
クリスマスは生クリームとイチゴのショートケーキが定番ですね。 しかし、クリスマスにショートケーキを食べるのは日本だけなんです。 欧米のケーキをまねしたわけではないんですね。
クリスマスをケーキやごちそうで祝うのはキリスト教の伝統ですが、欧米ではドライフルーツを混ぜ発酵や熟成をさせて作るケーキが多いです。
英国のクリスマスプディングやイタリアのドーム型の発酵パン「パネトーネ」、ドイツの「シュトーレン」などがあります。
クリスマスをケーキやごちそうで祝うのはキリスト教の伝統ですが、欧米ではドライフルーツを混ぜ発酵や熟成をさせて作るケーキが多いです。 英国のクリスマスプディングやイタリアのドーム型の発酵パン「パネトーネ」、ドイツの「シュトーレン」などがあります。
フランスの「ブッシュ・ド・ノエル」は軟らかいタイプのケーキです。
日本人による初のクリスマスパーティーは1874年だそうです。
1950年代に入り食料不足が解消するとケーキ製造が盛んになります。クリスマスが一般化したのもこの頃です。
フランスの「ブッシュ・ド・ノエル」は軟らかいタイプのケーキです。 日本人による初のクリスマスパーティーは1874年だそうです。 1950年代に入り食料不足が解消するとケーキ製造が盛んになります。クリスマスが一般化したのもこの頃です。
60年代以降、冷蔵庫が家庭に普及すると現在のショートケーキが主流になりました。
赤と白でおめでたく、ふんわりしたスポンジとクリームの組み合わせが日本人好みだったのですね。
最近では、キャラ食ブームでケーキもキャラクターのものが人気です。
60年代以降、冷蔵庫が家庭に普及すると現在のショートケーキが主流になりました。 赤と白でおめでたく、ふんわりしたスポンジとクリームの組み合わせが日本人好みだったのですね。 最近では、キャラ食ブームでケーキもキャラクターのものが人気です。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集