連載

ハリウッド万華鏡

毎日新聞デジタルの「ハリウッド万華鏡」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ハリウッド万華鏡

(4)アカデミー賞候補、どうやって選ばれる?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 今月16日に発表された第86回アカデミー賞(米映画芸術科学アカデミー主催)のノミネート(候補)作品に、日本アニメ2作品が入った。ハリウッド映画界では、アカデミー賞は一度ノミネートされるとその後も候補に選ばれやすくなると言われる。候補入りだけでも監督や俳優の評価ランクが上がるからだ。アカデミー賞候補はどうやって選ばれ、発表されるのか。

 今回ノミネートされた日本勢の作品は、長編アニメーション賞部門で、米国でも人気が高い宮崎駿監督の“引退作”である「風立ちぬ」。また、短編アニメーション賞部門で、モノノケと人間の交流を描いた森田修平監督の「九十九(つくも)」(14分)も5作品の候補の中に入った。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1945文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集