メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

靖国神社って?の巻

安倍首相の電撃参拝で各国が非難 そもそもどんな神社なの? 

[PR]

13年12月26日安倍晋三首相は靖国神社に参拝しました。 第1次安倍政権の時は中韓両国との関係改善を優先させ見送りましたが、今回は就任後1年経っても首脳会談のめどが立たないので参拝を決断したとみられています。
参拝が問題になる理由の一つは政教分離を定めた憲法20条との関係です。 もう一つは78年に靖国神社が「A級戦犯」を合祀したことです。 「過去の侵略戦争を正当化した」として85年の中曽根康弘元首相が公式参拝したことを中国が問題視したことが転機となりました。
そもそも靖国神社とは「外国と戦って亡くなった人」をまつる神社だが、それは日清戦争以降に定められたことで、明治維新で「賊軍と戦って死んだ人」の慰霊のため1869年に建てられた「東京招魂社」が前身です。
軍人以外だと「ひめゆり学徒隊」や「対馬丸」に乗っていて犠牲になった子供たちも対象です。 一方で東京大空襲や広島・長崎の原爆犠牲者はまつられていません。 同じ戦争の犠牲者でもまつられていない人がいるのです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです