メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ターザンの影

4 身長差20センチ、カツ丼の執念 (2014年1月24日掲載)

ジョニー・ワイズミュラーと高石勝男が写る一枚。左はアルネ・ボルグ=タウン誌「とうよこ沿線」40号から

 ジョニー・ワイズミュラーと高石勝男の友情を考えると、国際水上大阪大会の際、2人は旧制茨木中(現・府立茨木高校)を訪れた可能性が高い。だが写真の風景は何か違う。後ろに写る学生の角帽もおかしい。「茨木中は角帽ではない」という証言を得たからだ。撮影場所に疑問を持ち始めた時、私は2人が写る別の一枚にたどり着いた。

 写真には、スウェーデンのアルネ・ボルグと男の子も一緒に納まっている。1928(昭和3)年の国際水上東京大会の際、玉川プールで撮影されたらしい。男の子は、当時7歳だった森光世(故人)。森と親交のあった岩田忠利(75)によると、玉川プールには日本の合宿所があり、食事は「玉川喫茶店」が世話した。森はその店の子どもで、高石にかわいがられていた。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです