メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
コトバ解説

「カレイ」と「ヒラメ」の違い

平たくて楕円形のお魚2種 その違いはアレが決め手でした 

[PR]

「カレイ」と「ヒラメ」の違いとは?(2014年2月23日) 肉屋「お魚食べないとっ」
ケビン「『ミート牛島の8割はお肉でできています』じゃなかったノ?」 肉屋「風邪薬のCMじゃないんだから……。お肉以外のものだって食べるよっ。」 ケビン「そ、ソウナノ?」 肉屋「だから、そんなに驚かなくたっていいじゃない!」 ケビン「お魚だったら、何が好きなんデスカ?」 肉屋「『カレイ』かなっ。」
ケビン「『カレイ』、僕も大好きデース。ところで『カレイ』と『ヒラメ』の違いって知ってイマスカ?」 肉屋「ゆ、有名だよね! ケビンさん、皆さんに分かりやすく説明してあげてよっ!」 ケビン「知らないなら知らないって言えばイイノニ……。では、今回は『カレイ』と『ヒラメ』を取り上げマショウ。」
久しぶりにカレイ釣りに行きたいと思っております。あの引きの強さが好き。スマ町の太公望こと、ケビンです。どうも、皆さんこんにちは。 肉屋「ケビンさんが釣り好きとは、知らなかった。何だか意外だねっ。」 米国にいた頃は、狩猟もしていました。結構アウトドア派です。 230回目となるコトバ教室。テーマは「カレイ」と「ヒラメ」の違いです。平たい楕円(だえん)形で、その姿はとても似ていますが、どんな違いがあるのでしょうか? 特徴的なのは、その目と口の位置ですね。 「カレイ」は、腹を下に置いたときに、右側に目と口があります。目は飛び出していて、口は小さなおちょぼ口。体長は10センチ程度から、2メートル以上になるものまであります。
これに対して「ヒラメ」は、腹を下にした場合、左側に目と口があります。目は「カレイ」ほど飛び出してはいませんが、口は大きく、鋭い歯を持っています。体長も「カレイ」に比べて大きく、高級魚として扱われます。 口の大きさが違うのは餌の違いによります。「カレイ」はゴカイなどの環形動物(ミミズのような動物)を食べるため口が小さく、「ヒラメ」はイワシなどの小魚を食べるため大きいのです。 ケビン「『左ヒラメに右カレイ』という言葉もアリマスヨネ。でも、左側に目と口がある『カレイ』もいるのダトカ……。皆さん、例外があるということも覚えておいてクダサーイ。」
肉屋「カレイの煮付け!」
肉屋「カレイの煮付けが食べたいなっ!」 ケビン「イイデスネ! 僕はヒラメのおすしを……。日本酒も飲みたくなってキマシタ!」 肉屋「じゃあ、浜と矢尾を誘って、飲みに行きますか!」 ケビン「イイデスネ!」 肉屋「お肉も食べていいですかっ!」 ケビン「えっ!?」
では、今回のレッスンのまとめです。 「カレイ」は、腹を下にすると顔が右側 「ヒラメ」は、腹を下にすると顔が左側

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです