連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

再稼働するの?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
再稼働するの?の巻
再稼働するの?の巻

「世界一厳しい」規制の下、10原発が申請中…本当に大丈夫? 

地震が続いていますが、原発はどうなるのでしょうか。
14年2月時点で10原発17基が再稼働を申請しています。
申請書は1基当たり数千ページもあるそうです。
地震が続いていますが、原発はどうなるのでしょうか。 14年2月時点で10原発17基が再稼働を申請しています。 申請書は1基当たり数千ページもあるそうです。
13年7月原子力規制委員会は新しい規制基準を施行しました。
稼働を運転開始から原則40年に制限したため増設や建て替えをしなければ2050年には原発は無くなります。
しかし、新しい「エネルギー基本計画」では増設や建て替えを検討しています。
13年7月原子力規制委員会は新しい規制基準を施行しました。 稼働を運転開始から原則40年に制限したため増設や建て替えをしなければ2050年には原発は無くなります。 しかし、新しい「エネルギー基本計画」では増設や建て替えを検討しています。
「エネルギー基本計画」とは、中長期的なエネルギー政策を定めたもので、原則3年に1度見直されます。民主党政権は福島の事故後、基本計画とは別に「革新的エネルギー・環境戦略」を作り、「原発ゼロ」を打ち出しました。安倍晋三政権はそれを覆したいのですね。
「エネルギー基本計画」とは、中長期的なエネルギー政策を定めたもので、原則3年に1度見直されます。民主党政権は福島の事故後、基本計画とは別に「革新的エネルギー・環境戦略」を作り、「原発ゼロ」を打ち出しました。安倍晋三政権はそれを覆したいのですね。
活断層リスクの少ない原発が再稼働の優先候補とされています。
中部電力は3000億円かけて海抜22メートルの防波壁を建設中ですが、マグニチュード9・6の地震が起きれば津波の高さは42メートルになるという指摘もあります。審査にはまだ時間がかかりそうです。
活断層リスクの少ない原発が再稼働の優先候補とされています。 中部電力は3000億円かけて海抜22メートルの防波壁を建設中ですが、マグニチュード9・6の地震が起きれば津波の高さは42メートルになるという指摘もあります。審査にはまだ時間がかかりそうです。

あわせて読みたい

注目の特集