連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「気が置けない」と「気を許せない」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「気が置けない」と「気を許せない」の違い
「気が置けない」と「気を許せない」の違い

大部分の人が誤用! 「気の置けない仲」ってどんな関係?  

「気が置けない」と「気を許せない」の違いとは?(2014年3月16日)

モンゴメリー「ホント、もう……」
「気が置けない」と「気を許せない」の違いとは?(2014年3月16日) モンゴメリー「ホント、もう……」
ケビン「モンゴメリーさん、プンプンしてる?」

モンゴメリー「ホンット、激おこぷんぷん丸ヨ。アタシ、怒ったんだからねッ。」

ケビン「アラアラ……。よほどのことがあったんデショウカ?」

モンゴメリー「出たのよ!」

ケビン「何が?」

モンゴメリー「ヤダぁ、乙女にそんなこと言わせないでッ。」

ケビン「いや、乙女じゃないデショ……。何が出たの?」
ケビン「モンゴメリーさん、プンプンしてる?」 モンゴメリー「ホンット、激おこぷんぷん丸ヨ。アタシ、怒ったんだからねッ。」 ケビン「アラアラ……。よほどのことがあったんデショウカ?」 モンゴメリー「出たのよ!」 ケビン「何が?」 モンゴメリー「ヤダぁ、乙女にそんなこと言わせないでッ。」 ケビン「いや、乙女じゃないデショ……。何が出たの?」
モンゴメリー「下着ドロボウよォ……。」

ケビン「下着って、モンゴメリーさんの?」

モンゴメリー「そうヨ。まったく気が置けないったらありゃしないワっ!」
	
ケビン「いろいろ突っ込みたいところデスガ、『気が置けない』の使い方間違ってイルヨ~。ひとまず『気が置けない』と『気を許せない』の違いを解説することにシマス!」

モンゴメリー「何その強引な展開!? 嫌いじゃないワ~。」
モンゴメリー「下着ドロボウよォ……。」 ケビン「下着って、モンゴメリーさんの?」 モンゴメリー「そうヨ。まったく気が置けないったらありゃしないワっ!」 ケビン「いろいろ突っ込みたいところデスガ、『気が置けない』の使い方間違ってイルヨ~。ひとまず『気が置けない』と『気を許せない』の違いを解説することにシマス!」 モンゴメリー「何その強引な展開!? 嫌いじゃないワ~。」
もう春ですねぇ……。は、は、ハックション!! ふぅ……。ほんと、花粉には油断しちゃいけませんね。僕は花粉症じゃありませんが。

モンゴメリー「なんて意地の悪いっ! 花粉症の皆さんに怒られるワヨ!」

冗談のつもりだったんですが……。申し訳ありません。つい、いたずら心が……。

さて、今回取り上げるのは「気が置けない」と「気を許せない」。間違えやすい表現ですから、その意味をしっかりと勉強してくださいね。

「気が置けない」は「油断できない」ことと勘違いされている方、いらっしゃいませんか?これは間違いですからね。

「気が置けない」の正しい意味は「相手に気配りや遠慮をしなくてもいい」です。
もう春ですねぇ……。は、は、ハックション!! ふぅ……。ほんと、花粉には油断しちゃいけませんね。僕は花粉症じゃありませんが。 モンゴメリー「なんて意地の悪いっ! 花粉症の皆さんに怒られるワヨ!」 冗談のつもりだったんですが……。申し訳ありません。つい、いたずら心が……。 さて、今回取り上げるのは「気が置けない」と「気を許せない」。間違えやすい表現ですから、その意味をしっかりと勉強してくださいね。 「気が置けない」は「油断できない」ことと勘違いされている方、いらっしゃいませんか?これは間違いですからね。 「気が置けない」の正しい意味は「相手に気配りや遠慮をしなくてもいい」です。
文化庁の「国語に関する世論調査」では、「気が置けない」を「油断できない」こととして使っている人が、正しく使っている人よりも多いという結果が出ていました。

ケビン「『気が置けない人』というのは、遠慮しなくてもいい間柄の人のコトデース。」

そして「気を許せない」は「油断できない、安心できない」という意味です。今回のモンゴメリーさんの場合、「気を許せない」が正解ですね。「気を許せない状況」ならば、「油断できない状況」ということになります。

モンゴメリー「つまり『気が置けない』と『気を許す』なら、同じような意味になるということネ。」

はい、その通りですね。
文化庁の「国語に関する世論調査」では、「気が置けない」を「油断できない」こととして使っている人が、正しく使っている人よりも多いという結果が出ていました。 ケビン「『気が置けない人』というのは、遠慮しなくてもいい間柄の人のコトデース。」 そして「気を許せない」は「油断できない、安心できない」という意味です。今回のモンゴメリーさんの場合、「気を許せない」が正解ですね。「気を許せない状況」ならば、「油断できない状況」ということになります。 モンゴメリー「つまり『気が置けない』と『気を許す』なら、同じような意味になるということネ。」 はい、その通りですね。
モンゴメリー「高かったのに……」
モンゴメリー「高かったのに……」
モンゴメリー「アノ下着、結構高かったのヨぉ……。もォ、悔しいったらありゃしない!」

ケビン「外に干しておくからデスヨ……。」

モンゴメリー「気をつけるワ。」

ケビン「でも、犯人も盗んだ下着の持ち主が、モンゴメリーさんだと知ったら……。」

モンゴメリー「ちょっと! それ差別よ、差別! セクハラよッ!」

ケビン「ひっ、す、スイマセーン。」
モンゴメリー「アノ下着、結構高かったのヨぉ……。もォ、悔しいったらありゃしない!」 ケビン「外に干しておくからデスヨ……。」 モンゴメリー「気をつけるワ。」 ケビン「でも、犯人も盗んだ下着の持ち主が、モンゴメリーさんだと知ったら……。」 モンゴメリー「ちょっと! それ差別よ、差別! セクハラよッ!」 ケビン「ひっ、す、スイマセーン。」
では、今回のレッスンのまとめです。

「気が置けない」は、気配りや遠慮をしなくてよい
「気を許せない」は、油断できない、安心できない
では、今回のレッスンのまとめです。 「気が置けない」は、気配りや遠慮をしなくてよい 「気を許せない」は、油断できない、安心できない

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集