連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

ビットコインが行方不明の巻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビットコインが行方不明の巻
ビットコインが行方不明の巻

ネット上の仮想通貨は骨董品と同じ? 流通の仕組みと課題 

ビットコインとはインターネット上で流通している仮想通貨です。
お札やコインなどの実物は存在せず、株や為替のように価格が変動します。
世界全体で1240万BTC出回っていました。
一体どんな仕組みなのでしょう。
ビットコインとはインターネット上で流通している仮想通貨です。 お札やコインなどの実物は存在せず、株や為替のように価格が変動します。 世界全体で1240万BTC出回っていました。 一体どんな仕組みなのでしょう。
ネット上のプログラムが発行量などを管理しています。
世界中に送金でき、手数料もかかりません。
取り引きは全て公開されていて利用者の一部が不正がないかチェックします。
しかし、不正アクセスによって114億円ものビットコインが失われ、大手取引所のマウントゴックスが経営破綻しました。
ネット上のプログラムが発行量などを管理しています。 世界中に送金でき、手数料もかかりません。 取り引きは全て公開されていて利用者の一部が不正がないかチェックします。 しかし、不正アクセスによって114億円ものビットコインが失われ、大手取引所のマウントゴックスが経営破綻しました。
2月初めに取引所のシステムに不正アクセスがあり、利用者とマウントゴックスが持つビットコインが全て失われました。
ハッカーに引き出された可能性が高いです。
匿名性が高く、米国ではマネーロンダリングや麻薬取引などに利用されています。
2月初めに取引所のシステムに不正アクセスがあり、利用者とマウントゴックスが持つビットコインが全て失われました。 ハッカーに引き出された可能性が高いです。 匿名性が高く、米国ではマネーロンダリングや麻薬取引などに利用されています。
日本政府はビットコインをモノとみなすことにしました。
法的位置づけも不明確で利用者保護の仕組みもありません。
日本政府はビットコインをモノとみなすことにしました。 法的位置づけも不明確で利用者保護の仕組みもありません。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集