メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大隅良典氏

オートファジー研究をリード

オートファジーの瞬間をとらえた顕微鏡画像を見ながら当時を振り返る大隅良典・東京工大特任教授=元村有希子撮影

 生物が、細胞内のたんぱく質を分解し、エネルギーやたんぱく質の材料として再利用する現象「オートファジー」。命名から半世紀、年間3000本以上の論文が発表されるブームだが、端緒を作ったのは日本人研究者、そして研究を先導するのも日本人だ。

 ●液胞の中の粒に注目

 大隅良典・東京工大特任教授(69)は、東京大助教授に昇格した1988年、酵母の「液胞」をテーマに選んだ。液胞は細胞内にあり、分解酵素を豊富に含んでいる。当時、研究者の間では「不要物を分解する袋」という程度の認識で、関心は低かった。

 機能を調べるため、分解酵素を持たない酵母を米国から取り寄せて顕微鏡で観察した。液胞の中に無数の粒が見えた。「何だろう?」。粒は細胞質と同じ成分で、何者かによって液胞内に取り込まれたことを示していた。

この記事は有料記事です。

残り2199文字(全文2543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです