メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

牛丼が愛される理由の巻

3大チェーン、横並び値段崩れる 知っていると通な注文? 

[PR]

千鶴が今日の晩ご飯を考えています。 タマネギと牛肉で牛丼を作るみたいです。 牛丼の始まりは明治時代です。
開国で西洋文化を取り入れるようになり、日本でも牛肉を食べるようになりました。しょうゆと砂糖で煮た「牛鍋」が東京で大流行しました。 牛鍋の残り汁と肉をごはんにかけたものが原型で当時は「牛めし」と呼ばれていました。 吉野屋の創業は1899年で、今でも牛丼大手チェーン店はおなじみですね。
BSEとは、牛の脳内でブリオンと呼ばれるタンパク質が異常化して増え、組織がスポンジ状になる病気で人が感染すると死に至ることもあります。 2001年には日本で、03年には米国でも感染牛が確認されました。 05年末まで米国産牛肉の輸入が止められたため、牛丼は販売停止に追い込まれました。 最近の牛丼人気はどうなのでしょう?
すき家は6サイズもあり女性や子供も好みのサイズを選べます。 吉野家もいろいろなトッピングが選べるのでオススメです。 今や牛丼は老若男女誰からも愛される食べ物なのです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです