メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

牛丼が愛される理由の巻

3大チェーン、横並び値段崩れる 知っていると通な注文? 

[PR]

千鶴が今日の晩ご飯を考えています。 タマネギと牛肉で牛丼を作るみたいです。 牛丼の始まりは明治時代です。
開国で西洋文化を取り入れるようになり、日本でも牛肉を食べるようになりました。しょうゆと砂糖で煮た「牛鍋」が東京で大流行しました。 牛鍋の残り汁と肉をごはんにかけたものが原型で当時は「牛めし」と呼ばれていました。 吉野屋の創業は1899年で、今でも牛丼大手チェーン店はおなじみですね。
BSEとは、牛の脳内でブリオンと呼ばれるタンパク質が異常化して増え、組織がスポンジ状になる病気で人が感染すると死に至ることもあります。 2001年には日本で、03年には米国でも感染牛が確認されました。 05年末まで米国産牛肉の輸入が止められたため、牛丼は販売停止に追い込まれました。 最近の牛丼人気はどうなのでしょう?
すき家は6サイズもあり女性や子供も好みのサイズを選べます。 吉野家もいろいろなトッピングが選べるのでオススメです。 今や牛丼は老若男女誰からも愛される食べ物なのです。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです