メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

天衣無縫 虚実からどこまでも自由な語り部

 <「ゆうべ、手紙を待ってる夢をみたよ」……「何曜日の夢だった?」「木曜日さ」「だったら悪い報(しら)せよ」……「でも、その手紙は絶対に来ないわ」>。ガルシア=マルケスの中編「無垢なるエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」(78年)の冒頭に現れる、祖母と孫娘の夢語り。カリブ沿岸に暮らすワユ族の間ではごく日常のものだ。

 孫娘は屋敷を燃やしたかどで、祖母に連れられ体を売り歩く。テント小屋に連なる男たちの行列が町を貫き、…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです