メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイル.com

(18)こんな大統領はいかが?

アラブ諸国の大統領選挙を皮肉った風刺画。左からシリア、アルジェリア、エジプト、レバノンの状況を表している=作者のハッサン・ブレイベルさん提供

 今年上半期にアラブ諸国で予定されている四つの大統領選挙は、どれもいわく付きだ。レバノン人の漫画家、ハッサン・ブレイベルさん(51)の作品「大統領の座」を基に紹介してみたい。

 四つ並んだ椅子は各国の大統領を表している。左から説明すると、自国を破壊させながら居座るのがシリア流(6月の選挙で3選確実のアサド大統領)、健康不安で車椅子に乗っていても当選してしまうのがアルジェリア流(4月17日の選挙で4選を果たしたブーテフリカ大統領)、軍事クーデターで先代を蹴り出した後に座るのがエジプ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

秋山信一

2004年入社、岐阜支局、中部報道センター(名古屋)、外信部を経て、13年1月にカイロ支局赴任。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです