メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェルノブイリ

原発跡、7年間撮影し写真集 展示も

旧チェルノブイリ原発周辺の写真を撮り続けている中筋純さん。四季の風景をあしらったびょうぶは展示作品の一つ=佐々本浩材撮影

 ウクライナの旧チェルノブイリ原発に通い、原発周辺の撮影を続けているカメラマンの中筋純さん(47)が、7年間の作品をまとめた写真集「流転チェルノブイリ2007−2014」(二見書房)を刊行した。また、写真展「流転チェルノブイリ」を30日まで、東京都新宿区西早稲田2の早稲田スコットホールギャラリーで開いている。

 中筋さんは2007年から6回、チェルノブイリを訪問。人の姿が消える一方で、植物が生い茂り、動物が自由に歩き回る事故後の現地の姿を、季節を変えて撮影してきた。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです