メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

病気になりにくい血液型?の巻

性格診断や占いに科学的根拠はありませんが…? 

[PR]

血液型による性格診断や占いに科学的根拠はありませんが、がんや感染症のリスクに差があることは分かってきました。 O型が血栓症やマラリアに強い半面、胃潰瘍などになりやすいという研究もあります。 なぜ感染症と血液型が関係するのでしょう?
赤血球の表面にくっついている「糖鎖」という種類を元に4つに分類します。 最近やウイルスからすると結合しやすいタイプの糖鎖があるのです。 そもそも血液型は、父母の血液型の組み合わせにより決まります。
赤血球の表面にある「抗原」という物質が固まるか否かで血液型がわかりました。 1900年にオーストリアのカール・ラントシュタイナーが発見し、30年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。 地域や民族によって血液型の分布には差があります。 Rhという物質の有無による分類もあり、O型が変異した「ボンベイ型」や2種類の血液型が混ざった「キメラ」の人もいます。
日本では昭和の初めに「自分は積極的か消極的か」を大学生に聞き「OとBは実業家に多い」などとする研究が発表されましたが、「たまたま多かっただけで科学的な根拠ではない」と学会で否定されました。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです