メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

プロバイダー再編の巻

BIGLOBEにニフティ…パソコン通信からスマートフォンまで 

[PR]

プロバイダーとはインターネットへの接続を仲介する業者のことで、ISPとも呼ばれます。 14年1月、NECは「BIGLOBE」売却を発表し、4月には富士通も「ニフティ」売却検討を明らかにしました。
理由はスマートフォンが急速に普及したため固定回線が主力のプロバイダー契約数が伸び悩んでいるからです。 音楽や動画などの大きいデータを送るには回線を太く速くしなければなりません。
インターネットとは違うのでしょうか? パソコン通信はホストコンピューターという大きなコンピューターにユーザーがぶら下がっているイメージです。 最大手の「ニフティサーブ」は96年には会員が約200万人もいました。しかし、会員が増えるとホストの能力も大きくしなければならないため、数千万人も参加するのは難しかったのです。
ISPはホストコンピューターがなくても個人がネット接続できるサービスを提供し、パソコン通信は衰退してしまいました。 90年代は接続した時間に応じて料金を支払う「従量制」が主流でした。夜11時から翌朝8時まで使い放題の「テレホーダイ」というサービスがありましたね。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投資信託 家計保有額、30兆円以上も誤計上 日銀がミス
  2. 猛暑 世界でも異常な高温 米国で50度超え
  3. 猛暑 官房長官 小中学校エアコン設置の政府補助を検討
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]