メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

プロバイダー再編の巻

BIGLOBEにニフティ…パソコン通信からスマートフォンまで 

[PR]

プロバイダーとはインターネットへの接続を仲介する業者のことで、ISPとも呼ばれます。 14年1月、NECは「BIGLOBE」売却を発表し、4月には富士通も「ニフティ」売却検討を明らかにしました。
理由はスマートフォンが急速に普及したため固定回線が主力のプロバイダー契約数が伸び悩んでいるからです。 音楽や動画などの大きいデータを送るには回線を太く速くしなければなりません。
インターネットとは違うのでしょうか? パソコン通信はホストコンピューターという大きなコンピューターにユーザーがぶら下がっているイメージです。 最大手の「ニフティサーブ」は96年には会員が約200万人もいました。しかし、会員が増えるとホストの能力も大きくしなければならないため、数千万人も参加するのは難しかったのです。
ISPはホストコンピューターがなくても個人がネット接続できるサービスを提供し、パソコン通信は衰退してしまいました。 90年代は接続した時間に応じて料金を支払う「従量制」が主流でした。夜11時から翌朝8時まで使い放題の「テレホーダイ」というサービスがありましたね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです