メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

プロバイダー再編の巻

BIGLOBEにニフティ…パソコン通信からスマートフォンまで 

[PR]

プロバイダーとはインターネットへの接続を仲介する業者のことで、ISPとも呼ばれます。 14年1月、NECは「BIGLOBE」売却を発表し、4月には富士通も「ニフティ」売却検討を明らかにしました。
理由はスマートフォンが急速に普及したため固定回線が主力のプロバイダー契約数が伸び悩んでいるからです。 音楽や動画などの大きいデータを送るには回線を太く速くしなければなりません。
インターネットとは違うのでしょうか? パソコン通信はホストコンピューターという大きなコンピューターにユーザーがぶら下がっているイメージです。 最大手の「ニフティサーブ」は96年には会員が約200万人もいました。しかし、会員が増えるとホストの能力も大きくしなければならないため、数千万人も参加するのは難しかったのです。
ISPはホストコンピューターがなくても個人がネット接続できるサービスを提供し、パソコン通信は衰退してしまいました。 90年代は接続した時間に応じて料金を支払う「従量制」が主流でした。夜11時から翌朝8時まで使い放題の「テレホーダイ」というサービスがありましたね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです