ウィンドウズXP

使い続ける危険性と対策は? 情報処理推進機構の加賀谷伸一郎氏に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
情報処理推進機構が示すウィンドウズXPからの乗り換え方法=同機構のサイトから
情報処理推進機構が示すウィンドウズXPからの乗り換え方法=同機構のサイトから

 4月9日にサポートが終了したマイクロソフトのパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」。約3週間が過ぎたが、自治体や企業などでも、まだ使われているケースが目立つ。独立行政法人「情報処理推進機構」の加賀谷伸一郎調査役は、XPを今風にリフォームしたわらぶき屋根の家にたとえ「おしゃれな家に見えますが、実ははりぼて。あちこちに隙間(すきま)があって(盗っ人から)守りきれない」と話す。そのまま使い続ける危険性とその対策について話を聞いた。【平野美紀/デジタル報道センター】

 −−「サポートが終わる」とはどういうことでしょう?

この記事は有料記事です。

残り4687文字(全文4950文字)

あわせて読みたい

注目の特集