連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

アイスの日の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アイスの日の巻
アイスの日の巻

5月9日は「アイスクリームの日」 ババヘラって何だ!? 

5月9日はアイスの日です。1869年に横浜の馬車道通りで日本で初めてアイスが売り出されました。
当時の値段は1人前で「2分」、今で言うと8000円くらいでした。
「あいすくりん」と呼ばれていました。
5月9日はアイスの日です。1869年に横浜の馬車道通りで日本で初めてアイスが売り出されました。 当時の値段は1人前で「2分」、今で言うと8000円くらいでした。 「あいすくりん」と呼ばれていました。
アイスはいつからあるのでしょう?紀元前4世紀、アレキサンダー大王も食べたそうです。山の氷雪に果汁や糖蜜をかけたものを食べ、兵士は士気を高めたそうです。
それを十字軍が11世紀にイタリアへ持ち帰りジェラートになりました。
一般に広まったのは19世紀半ばの米国で、余った生クリームを利用したのが始まりです。
アイスはいつからあるのでしょう?紀元前4世紀、アレキサンダー大王も食べたそうです。山の氷雪に果汁や糖蜜をかけたものを食べ、兵士は士気を高めたそうです。 それを十字軍が11世紀にイタリアへ持ち帰りジェラートになりました。 一般に広まったのは19世紀半ばの米国で、余った生クリームを利用したのが始まりです。
乳製品の中で生乳などを凍らせた「アイスクリーム類」は乳固形分を3%以上含むもののことを指し、3%未満なら「氷菓」になります。
ガリガリ君は1981年発売で、片手でかき氷を食べられるようにと開発されました。遊び心満載な商品が話題を呼び、売り上げは右肩上がりのようです。
ご当地アイスでは、秋田のババヘラが有名です。
乳製品の中で生乳などを凍らせた「アイスクリーム類」は乳固形分を3%以上含むもののことを指し、3%未満なら「氷菓」になります。 ガリガリ君は1981年発売で、片手でかき氷を食べられるようにと開発されました。遊び心満載な商品が話題を呼び、売り上げは右肩上がりのようです。 ご当地アイスでは、秋田のババヘラが有名です。
おばさんがヘラを使って作るので「ババヘラ」。60年の歴史があります。
気温が23度を超えるとアイスがよく売れるそうです。
7月3日は「ソフトクリームの日」です。1951年明治神宮であったカーニバルの模擬店で初めて売られました。
おばさんがヘラを使って作るので「ババヘラ」。60年の歴史があります。 気温が23度を超えるとアイスがよく売れるそうです。 7月3日は「ソフトクリームの日」です。1951年明治神宮であったカーニバルの模擬店で初めて売られました。

あわせて読みたい

注目の特集