メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OpenSSL

事前調整間に合わず 欠陥公表の舞台裏

警察庁が確認したOpenSSLの欠陥を標的とするアクセスの推移。最大時では1秒間に2回程度のアクセスが行われている(警察庁提供)

 暗号化ソフト「OpenSSL」で見付かった深刻な欠陥「Heartbleed(心臓内出血)」。開発者が欠陥を公表する前の4月6日夜、日本の情報セキュリティー組織に海外から“第一報”が入り、攻撃者に知られる前に修正対応を行う「事前調整」に向けた準備が秘密裏に進められていたことがわかった。だが、この試みは、結局間に合わず、攻撃側と防御側の競争は、欠陥の公表を“合図”に始まった。【尾村洋介/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り2983文字(全文3188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです