メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

愛され、くさされ、ボロボロになるまで読まれる作家

ガルシア・マルケスの小説の舞台、コロンビア北部のグアヒーラ地方で

 さて、この連載のタイトルである。「大衆作家」と聞いて、あれ?っと思う人が結構いるのではないだろうか。

 ガルシア・マルケスというと、もっと、一筋縄ではいかない作家、難解で、分厚い辞書や登場人物の家系図を傍らに、細かなノートを取りながら、判読していく作品群。相当な本読みでないととても読みこなせない知の集積といったイメージを抱いている人が意外に多いのではないだろうか。ボルヘスやウンベルト・エーコのようなイメージ。

 マルケスが「大衆作家」だというのは、私が彼の生地、コロンビアでたどりついた結論だ。大衆というとちょ…

この記事は有料記事です。

残り6875文字(全文7131文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです