メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

世界に打って出る若手監督たち

C2Cに参加した(左から)高田聡さん、朱永菁さん、濱口竜介さん、真利子哲也さん、伊藤峻太さん、深田晃司さん、富田克也さん、大槻貴宏さん

 世界から映画人が集まる国際映画祭は、出会いの場ともなります。今回コンペティション部門に「2つ目の窓」を出品した河瀬直美監督も、デビュー作「萌(もえ)の朱雀」でカンヌの新人賞カメラドールを受賞して以来、日本を拠点にしながら出資先を海外に求めて映画を製作しています。カンヌなど映画祭をお披露目の場として、市場を海外にも広げているのです。国際映画祭出品は“名刺”代わりともなるし、それがカンヌ、ベネチア、ベルリンの3大映画祭ともなれば信頼性は抜群です。「2つ目の窓」は日本、フランス、スペインの合作です。今年は、日本の若手監督の国際合作を後押ししようと、日本のプロデューサーらが新しい試みを始めました。

 「C2C Challenge to Cannes 2014」と題して若手監督の企画を募集、有望作品を選んで監督やプロデューサーをカンヌへ送り出したのです。国際合作の実情を知ってもらおうという目的です。▽「バンコクナイツ」の富田克也監督▽「BRIDES」の濱口竜介監督と高田聡プロデューサー▽「さようなら」の深田晃司監督▽「喧嘩(けんか)の凡(すべ)て」の真利子哲也監督と朱永菁プロデューサー▽「虹色…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです