メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

流行色って誰が決めるの?の巻

14年春夏の注目カラーは白! 消費を促すトレンドの仕組み 

[PR]

今年の流行色はコーラルピンクと白。 実はこのような流行色は、2年前にすでに決められているのです。
流行色を決めるのは「国際流行色委員会」。 日本をはじめ14カ国が参加しています。 これを受けて、1年半前に日本独自の色が「流行色情報センター」から提案されるのです。 提案を元に、デザイナーが生地を選んだり、デザインしたりして広め、その後、ファッション誌がとりあげることで、流行が生まれます。
シーズンごとに流行色を提案するのには、消費を活発にする狙いも。 最近は家電や車などもカラフルになっています。 14年の春夏カラーは先のコーラルピンクと白以外にも、ネイビーブルーやイエロー系など、使い勝手がいい華やかな色が人気。
さっそく、流行を取り入れてみた善蔵さんですが、偶然、千鶴さんとペアルックに。 スマ町14年春夏はこの二人の話題で決まりのようです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです