メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

名作のデジタル修復版 上映会にソフィア・ローレン親子が登場

「ああ結婚」の上映に先だって登場したソフィア・ローレンさん(右から2人目)と息子のエドアルド・ポンティ監督(同3人目)

 10年前に始まったカンヌクラシックスでは、歴史的名作のデジタル修復版を上映しています。映画の歴史に敬意を払い、復元・保存まで手を広げられるのも、カンヌの力と余裕の表れでしょうか。今年は大島渚監督の「青春残酷物語」、市川崑監督の「東京オリンピック」などが4Kの高精度画質で上映されました。

 20日の上映は、ソフィア・ローレンとマ…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです