福島をどう描くか

第2回 漫画「そばもん」 山本おさむさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山本おさむ「そばもん」(小学館)
山本おさむ「そばもん」(小学館)

 漫画家はどう福島を描いたか。第2回は山本おさむさん(60)のインタビューをお届けする。

 山本さんは妻の両親の実家があった縁で福島県天栄村に約10年前に家を買い、職場のさいたま市との往復生活を始めたが、3年前の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で、天栄村に住んでいた家族を埼玉県内に避難させた。自主避難生活を約2年間続け、現在は往復生活を再開している。この間の揺れ動く気持ちや自宅の除染、天栄村の米農家の様子などを「今日もいい天気 原発事故編」(双葉社)にまとめた。

 その後も福島県の食について継続的に取材を重ね、「ビッグコミック」(小学館)で連載中の「そばもん」では福島県産食材と放射性物質の問題を正面から取り上げ、話題となっている。山本さんは「福島県や福島産が危険か危険じゃないかといった議論は数値、データをベースにすべきだ」と話す。なぜ、福島での生活を再開したのか。福島と食を巡る問題などを山本さんに聞いた。【石戸諭/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り5011文字(全文5436文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集