メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辻井喬さん

人生最後の句は『過去を忘れたい』

辻井喬さん=東京都中央区のセゾン文化財団で2011年4月27日、塩入正夫撮影

未発表の俳句24句を公表 

 セゾングループ元代表で昨年11月に86歳で亡くなった、詩人で作家の辻井喬(本名・堤清二)さんの生前最後の作品を含む未発表の俳句24句が見付かった。死去から半年を前に、妻の麻子さんが毎日新聞での公表を許可した。最後の6句は2012年1月の句会で詠まれた作品で、東日本大震災後の世を「哀しき平和かな」と憂う句もあり、多才な文人の孤独と寂寥(せきりょう)がにじんでいる。

 西武百貨店を中心に巨大な流通グループを築いた辻井さんは、詩集「異邦人」(1961年、室生犀星詩人賞…

この記事は有料記事です。

残り2093文字(全文2339文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. 熱中症か 北海道と宮城の男性が死亡
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです