メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「引用」と「転載」の違い

ブログを書く人、要注意! 他人の書いた文章を使う時のルール 

[PR]

「引用」と「転載」の違い モンゴメリー:「いやネ~勝手に!」
モンゴメリー「ほんっと、一言言ってくれればいいのにネ。困っちゃうワ。」 ケビン「モンゴメリーさんって、いっつも困っている感じがシマスネ。」 モンゴメリー「それがアタシの魅力でもあるワネ。」 ケビン: ところで、何を困ってイルノ? モンゴメリー:「無断引用」ヨ!アタシのブログ「メリーさんの溺愛コスメ」の文章が、他のサイトに無断で「引用」されていたのヨ!」
ケビン: そんなブログを書いていたノ? モンゴメリー: コスメの情報だけじゃなくて、普段の出来事や、世の中のニュースに対してコメントしたりしてるワ。 ケビン: 完全にマツコ・デラックスさんのポジション狙っているデショ?それはそうと「無断引用」という言い方は間違いデース。「引用」と「転載」について説明シマスネ。
「引用していいんよう」「無断で転載されるなんて天災だ」などとダジャレを申し上げたくなる今日この語呂、ではなくこの頃。皆さま、いかがお過ごしでしょうか? モンゴメリー:くだらないコト言っていないで、ちゃんと説明しなさいヨ!」 失礼しました!本題に移ります。 今回のテーマは「引用」と「転載」です。どちらも、書籍やブログなどに書かれた文章を、他の文書に載せることをいいます。 大きな違いは著作権の許可が必要かどうか、というところにあります。「引用」の場合は不要で、「転載」の場合は許可が必要になります。 つまり、「引用」は断りなくされるものですから、モンゴメリーさんの「無断引用」というのは矛盾した表現だというわけです。正しくは「無断転載」ですね。
著作権者の許可は不要ですが、「引用」するには次のようなルールがあります。 【「引用」のルール(一部)】 ・引用部分が他の部分と明確に区別できる ・引用部分は従、他の部分が主の関係にある ・出典を明示する どこが「引用」部分なのか分からないもの、「引用」ばかりのもの、どこから「引用」してきたのか不明瞭なものなどはNGということです。もちろん「引用」すべき理由もなければなりません。 これらのルールに反すると、著作権法に触れる恐れがありますの注意が必要です。 ケビン: 転載」は著作権の許可が下りなければ、利用そのものが不可能デス。
モンゴメリー:あッ!
ケビン: ドウシタノ? モンゴメリー: アタシの文章を引用したサイトの人から、依頼のメールが来ていたワ。迷惑メールのフォルダに入っていたから気付かなかったワヨ! ケビン: ナント・・・・・・。ちなみにそのサイトではどんなふうに書かれてイタノ? モンゴメリー: アタシのことをべた褒めヨ!ありがたい限りだワ! ケビン: なんだ感謝してるんジャナイ。とはいえ、他人の著作物を拝借する時は十分に注意したいデスネ。
引用:著作権者の許可は不要 転載:著作権者の許可が必要

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです