メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者が見たW杯

ドイツ大会 オーストラリア戦、10分の惨劇

【オーストラリア3−1日本】後半39分、オーストラリアのティム・ケーヒル(左端)の同点ゴールが決まる=フリッツ・ワルター競技場で2006年6月12日、竹内幹撮影

 ワールドカップ(W杯)もオリンピックもアスリートは4年に1度の瞬間に全てをかけている。多くの困難を乗り越えてたどり着いたはずの舞台で、すべての準備が一瞬にして否定されるような結果はあまりにも残酷だ。2006年6月12日。ドイツ大会1次リーグF組の日本がオーストラリアに1−3で敗れた初戦がそうだった。

 先制点は日本だった。前半26分、中村俊輔(当時セルティック)がゴール前に上げたクロスボールが、飛び出した相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。その前の日韓大会で代表入りが確実視されながら、まさかの落選。涙をのんだ名手のラッキーゴールは勝利の女神が4年間の思いに報いてくれたと感じて、震えた。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです