メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
記者が見たW杯

ドイツ大会 オーストラリア戦、10分の惨劇

【オーストラリア3−1日本】後半39分、オーストラリアのティム・ケーヒル(左端)の同点ゴールが決まる=フリッツ・ワルター競技場で2006年6月12日、竹内幹撮影

2006年ドイツ大会

 ワールドカップ(W杯)もオリンピックもアスリートは4年に1度の瞬間に全てをかけている。多くの困難を乗り越えてたどり着いたはずの舞台で、すべての準備が一瞬にして否定されるような結果はあまりにも残酷だ。2006年6月12日。ドイツ大会1次リーグF組の日本がオーストラリアに1−3で敗れた初戦がそうだった。

 先制点は日本だった。前半26分、中村俊輔(当時セルティック)がゴール前に上げたクロスボールが、飛び…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです