メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
漫画で解説

ギャルはどこへ行った?の巻

『小悪魔ageha』『egg』休刊… 若者文化の変遷を解説 

[PR]

ギャル文化を引っ張ってきた「egg」が14年7月号で休刊します。
90年代末はガングロやヤマンバ、2000年になると浜崎あゆみさんが新カリスマとなり、白肌と金髪の「白ギャル」がはやりました。 05年頃は倖田來未さんの影響でサーフ系ブランドが流行しました。 06年には「小悪魔ageha」が創刊されました。
奇抜なヘアスタイルがネットでも話題になったり、キャバクラ嬢をやりながら読者モデルをやった「age嬢」には生き方に共感し、憧れるファンもいました。 しかし、発行元のインフォレストは14年4月には負債を抱え事業停止になりました。 13年には「men's egg」も休刊しました。
「men' s egg」はコギャルの男版、「ギャル男」のバイブルで、チェーンやサングラス、帽子などハードなファッションをし、渋谷の109メンズ館辺りを聖地としていました。 最近は日焼けや派手なメイクは減り、森英梨佳ちゃんのようなナチュラルメイクがはやっています。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  4. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

  5. 株価バブルは崩壊間近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです