メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

海外で暮らす英語力って?の巻

英語圏に移住するのに必要なビザの種類やテストの成績は? 

[PR]

善蔵さんがTOEICの勉強をしています。 英語圏のビザ申請にはTOEICの成績が必要で企業も昇進などに結果を利用しています。 TOEICは米国のETSという団体が実施しています。
ビザ申請で必要な英語力は渡航先や滞在目的によって違い、細かく分かれています。 景気が悪くなると条件を厳しくして外国人労働者の受け入れを減らします。 しかし、英国のビザ申請にはTOEICとTOEFLが使えなくなりました。 一体なぜでしょうか。
14年にロンドンの試験会場で替え玉受験や回答読み上げなどの不正が発覚したためです。 これをうけ、英内務省はETSとの契約を終了しました。 日本の大学には留学希望者に「IELTS]を受けるよう指導しています。 ただし、申し込み締め切りが早い、受験料が高いことなどからTOEICと比べて利便性に欠けます。
老後を海外で暮らす場合は退職者ビザとなります。 英国の場合は60歳以上、年収425万円以上、英国とのつながりがある、といった条件が必要です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです