メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OpenSSL

暗号化ソフトに新たな重大欠陥 16年間気付かれず

OpenSSLの欠陥を解説したレピダムのサイト

 重大な欠陥「ハートブリード(Heartbleed、心臓内出血)」が4月に発覚したばかりの暗号化ソフト「OpenSSL(オープン・エス・エス・エル)」で、悪意ある第三者に通信を盗み見られたり改ざんされたりする可能性がある欠陥が新たに見付かった。ソフトが公表された1998年以来、約16年間も気付かれなかった珍しいケース。同ソフトの開発者は6月5日夜、ウェブサイトで修正版を公表し、対処を呼びかけている。

 この欠陥は、セキュリティー企業レピダム(東京都渋谷区)シニアプログラマーの菊池正史氏が発見した。開発者が欠陥を公表するとすぐに、自社ウェブサイトに、発見の経緯や詳しい解説を載せた。菊池氏は毎日新聞の取材に「OpenSSLのセキュリティー向上に貢献できてうれしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです