メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“政界のウラ”を読む

(2)激しさ増す安倍支持層の「流動化」

かりゆしウエアを着て笑顔を見せながら閣議に臨む安倍晋三首相(中央)ら=首相官邸で2014年6月3日午前8時26分、森田剛史撮影

 安倍晋三内閣の支持率は依然高い。それゆえか内閣のバランサー役を担ってきた菅義偉官房長官も、「来秋の自民党総裁選に再選され、2018年まで政権は継続されるべきだ」と、新聞のインタビューに答えている。しかし、マスコミ各社の世論調査をみると、安倍が執念を燃やす集団的自衛権の憲法解釈の変更をはじめ、原発再稼働など、個別政策では圧倒的な支持は得られていない。さらに注目すべきは、最近の調査では、「支持政党なし」と答えている無党派層も増加傾向にある点だ。

 5月の毎日新聞の調査では、安倍内閣の支持率は前回と同様49%に達しているが、民主党の支持率は6%に過ぎず、安倍政権を脅かす政党の出現は見受けられない。その一方で、政党支持率で見ると、「支持政党なし」が、前回(41%)よりも増え43%と、自民党支持の31%を大きく上回っている。同時期の共同通信の調査でも、「支持政党なし」層は、39.5%と前回(38.3%)に比較すると増加傾向にある。

この記事は有料記事です。

残り1671文字(全文2087文字)

松田喬和

1969年、毎日新聞社入社。福島支局、東京本社社会部を経て1974年に政治部。横浜支局長、広告局企画開発本部長、論説委員を歴任。2004年4月から論説室専門編集委員。09年9月、民主党政権下で首相番を務め、「松田喬和の首相番日誌」を自民党の政権復帰まで連載した。14年4月から現職。TBSテレビ「ひるおび」の政治コメンテーターやBS11「インサイドアウト」コメンテーターも務める。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです