メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

「美味しんぼ」ってどんな漫画?の巻

累計1億部以上! グルメ漫画の金字塔、登場人物とあらすじ 

[PR]

ののかちゃんが「美味しんぼ」を読んでいます。 「美味しんぼ」では、主人公が福島第一原発に行った後、鼻血を出す場面が描かれました。 小学館の「ビッグコミック スピリッツ」4月28日発売号です。
5月12日発売号では福島県双葉町の前町長が「被ばくしたからですよ」と語る部分もあり、賛否両論です。 1980年代はグルメ漫画の創世記ともいわれ、「美味しんぼ」はグルメ漫画の流行の先駆けです。
「美味しんぼ」の主人公である山岡士郎の父、海原雄山にはモデルがいます。 各界のVIPをもてなす料亭「星岡茶寮」経営した、北大路魯山人です。 書家で陶芸家であり、一品ずつ出すコース料理を初めて導入したといわれています。
主人公の働く、東西新聞100周年記念事業として始まったのが「究極のメニュー」です。 ライバルの帝都新聞は横山を監修に「至高のメニュー」で対抗します。 単行本は110巻まで、発行は1億部を超えています。 13年には朝日新聞と読売新聞の「リアル美味しんぼ対決」も話題になりました。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです