メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱点話題

(20)サッカーの起源は中国

 「サッカーの起源は中国です」。サッカー・ワールドカップ(W杯)の開幕を前に、国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が中国山東省の地方都市にこんな認定証を送っていたことがわかり、物議を醸している。

 この都市は春秋戦国時代(紀元前11世紀〜同3世紀)に繁栄した「斉」の国の首都があった淄博(しはく)市。

 中国国営新華社通信のニュースサイト「新華網」がAFP通信の報道を引用して9日に伝えた。報道を総合すると、同市の斉国歴史博物館は中国から延びた線がエジプト、ギリシャ、ローマ、イングランドまで到達する古地図を所蔵しており、「斉時代の蹴鞠(けまり)が西方へ伝わって発展した」と以前からサッカー中国起源説を主張していたという。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文491文字)

石原聖

1996年入社。甲府支局、富士吉田通信部、東京社会部、中部報道センター、東京社会部、東京外信部を経て、13年4月から現職。北京を拠点に中国各地の現場を取材している

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです